異島工房の休憩室

小説を書いていないところです

休憩します。

端的に言うと、休みたいという事です。

 

人間休みたいじゃないですか

 

異島工房と申します。

 

普段は、カクヨムで小説を書いたり(異島工房(@terasaku) - カクヨム)

小説家になろう冷温停止したり(異島工房)

つまりそういうことをしています。

 

一番したい事は休憩です。

 

思えば、『休み・憩う』、この字面から見出せるのは、容赦ない現実からの逃走、永久に終わらないかに思えるルーティンに付与された束の間の自由、といった悲壮感あふれるものではありません。

 

ただ何らかの行動を休止し、安らぎを得ること。これを意思決定の具現としてある種のフレーズに漸近すれば、

 

「弊社を潰してアニメを見よう」

 

この意味表象が直ちに導かれます。ダメです。

 

なので、上司や会社を殺さずに休憩をしたいし、アニメや映画も見たい。音楽も聴きたい。

 

そういう事が、行われていくようです。